日本の 有給休暇 の平均消化率は48.7%

現在、日本の 有給休暇 の平均消化率は48.7%
過労死 を招く重大な要因の一つとなっているのが年次有給休暇の取得率低迷。
ここ10年ほどは50%を切る水準で推移しているので、欧米先進諸国と比較すると惨憺たる状況といえる。
政府は「2020年までに、有給休暇の取得率を70%にする」という目標を掲げています。