障害者雇用で指針 関係団体が共同作成 新潟県

新潟県、新潟労働局、新潟県経営者協会などが作る新潟県障害者雇用促進プロジェクトチームは「障害者雇用のみちしるべ」を策定した。企業の障害者雇用への理解を深めることが狙いで、今後、関係機関が協力して普及させていく予定。

 県をはじめとした関係機関がプロジェクトチームを結成し、障害者雇用を推進するのは「全国的にもめずらしい取組み」と事務局を務める同労働局は話している。

 「みちしるべ」は、障害者雇用がもたらす効果や障害の基礎知識、障害者雇用の進め方を解説している。