熱さまシートは「神薬」? 小林製薬、訪日客に大人気

冷却剤の「熱さまシート」などユニークな商品で知られる小林製薬の日用品や医薬品が、訪日外国人客に大人気です。「爆買い」が一服してもなお、売り上げが伸び続けている理由とは。小林章浩社長(46)に聞きました。

 ――訪日外国人客への販売が2015年から増え続けています。

 「14年秋ごろ、『熱さまシート』や逆むけを保護する液体ばんそうこう『サカムケア』などが中国のSNSで『神薬』として紹介され、売れ始めた。その後、売れる品目が日用品やサプリメントなどにも拡大して全体的に伸びている」

 「弊社の商品は(隙間を狙った)ニッチ。例えば、『アイボン』のような目を洗う商品は、外国の人も見たことがない。そういうものがたくさんあるので、興味をもって買われているのだと思う。パッケージも、一目見て何に使うかわかることを意識して作っている。『のどぬ~るスプレー』なら、のどにシュッとしている絵で外国人でも使い方が分かる」

 ――主に買っていくのは中国からの旅行客ですか。

 「そうだ。SNSの拡散効果が大きい。女性の下着用洗剤など、日本では売り上げの小さかった商品が爆発的に売れることもある。小林製薬という社名も有名になり、中国で調査したら、日本企業の中でも認知度が高かった」