パナソニックエイジフリー 介護職を対象に「時間制正社員制度」を業界初導入

パナソニック エイジフリー株式会社は、業界で初めて、介護職を対象に、時給制で勤務時間を選択することができる「時間制正社員制度」を2018年4月より導入する。

 

これにより、パートタイマーは、無期雇用の時間制正社員を選択することができるようになる。パートタイマーである時間制正社員の時間あたりの賃金は、正社員と同じ水準で退職金制度も適用される。

同社は、これから介護職員が不足することを想定し、継続的に高品質な介護サービスを提供するには、優秀な人材を確保すること、また定着してもらうことが必須と考え、個々のライフステージに応じて時間制正社員を選択することができる新制度を導入することにした。

新制度は、パートタイマーは1年以上勤務すれば、時間制正社員を選択可能であること、時間あたりの賃金が正社員と同水準で、退職金ポイントも付与されること、連続したキャリア形成が図れ、能力・経験レベルに応じた適切な処遇を実現することが特長となる。