高齢者にやさしい茅ヶ崎市を目指してセブンイレブンが協力

 

神奈川県茅ヶ崎市は、株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと、「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結した。

茅ヶ崎市は、市内のセブンイレブン店舗(市内の全27店舗)に防災ラジオを貸与する。

2018年4月1日より、県内の店舗内において、防災ラジオが設置される。

市の防災ラジオを設置すると、従業者や来店者は、防災行政用無線の放送が聞ける。その為、従業者や来店者は店舗内で、振り込め詐欺や徘徊高齢者等の情報を共有できる。

茅ヶ崎市では、今回の試みをつうじて、行方不明者の早期発見や振り込め詐欺被害等の防止を目指す。