在宅医療、25年に100万人 現在の1.5倍以上

在宅医療、25年に100万人 現在の1.5倍以上
 団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年に在宅医療を受ける人が100万人を超えることが、厚生労働省の推計で分かった。
現在の1・5倍以上の規模になる。
各都道府県は国の算定方法に基づく詳細な推計を実施。
これを踏まえて年度内にまとめる医療計画で、在宅医療の態勢作りを加速させる方針。
PowerPoint.jpg