「コミュニケーションロボットが高齢者に及ぼす影響とは?」

 
住環境研究所は高齢者が生活する自宅や介護現場において、コミュニケーションロボットの実証実験を行ったところ、会話の促進による生活改善などの効果がみられたという。
実証実験から、独居の高齢者世帯でコミュニケーションロボットと会話することで、睡眠状況や生活が改善した人がいた。
コミュニケーションロボットを導入する前は、昼間はTV番組を見る、うたた寝をするといった生活だったが、ロボットが来てからは1時間に1回、ロボットと会話をするので昼に寝ることがない。
このため、夜によく眠れるようになったなどのコメントがみられた。昼間にロボットと会話することで、生活リズムが整う効果があると考えられる。
また、高齢者がコミュニケーションロボットに希望する追加機能としては、「見守り機能」、「生活状況に合わせた挨拶」、「家電制御機能」、「防犯機能」などがあった。
独居高齢者が増える現代、ロボットの活躍する時代になってくるのを感じました。