第6回県央医介塾に参加しました


今回はえびな脳神経外科 尾崎先生の講演で
「認知症の知識と理解」という内容でした。

この講演で初めて「治せる認知症症状がある」というのを知りました。...
今までは認知症症状は治らないもの思っていました。
症状は2種類に分かれていて、認知機能障害とBPSD(行動心理症状)
認知機能障害は脳そのものの障害の為治らないが、BPSDは性格や環境からくる症状なので治る可能性があると教えて頂きました。

そして、早期治療は症状の進行を遅らせるだけではなく、早期に発見して本人が今後の症状がこうなる事を理解し、戸惑う期間を短くできる。
その後の暮らしに備える為、自分の事を自分で判断する事が出来るというメリットがある事を知り「早期に発見、早期に治療」の重要性を理解出来ました。

とても勉強になりました。
講演を聞いてもっと認知症の事が知りたくなりました。

10523.jpg