9月21日は「世界アルツハイマーデー」

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心にアルツハイマー病の啓蒙を実施しています。

また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取り組みを行っています。
わが国でもポスターやリーフレットを作成して、認知症への理解を呼びかけています。全国の支部が一斉に街頭での宣伝活動をしたり、「世界アルツハイマーデー記念講演会」などを開催しています。

 

なぜ、921日なの?

1994921日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。

 

世界アルツハイマーデー オレンジライトアップ

神奈川県では平成30年度のオレンジライトアップは、よこはまコスモワールドの「コスモクロック21横浜市開港記念会館で実施します。

いずれもオレンジ色1色でのライトアップは初めての実施です。

平成30921日(金曜日) 日没から22