山梨)認知症を伝える 市職員「しらさき劇団」が好評

認知症について知ってもらおうと、山梨県中央市の職員が「しらさぎ劇団」を立ち上げて1年が経った。

認知症のことがよくわかる」と好評で、市外からも公演の依頼が舞い込む。

 認知症サポーターの養成講座を開いていた市社会福祉協議会の職員が旗揚げした。現在は保健師1人を含む8人が団員だ。

全員が演劇経験のない素人で、脚本も自分たちで考えた。

約20分の劇は「ある日の 特別じゃないおはなし」というテーマ。

実際にあった話が基になっている。

 

76歳の一人暮らしの女性が主人公。息子が来る日を忘れたり、薬の飲み忘れが多くなったりで、心配した息子が保健師に相談し、病院でアルツハイマー型の認知症と診断される。しかし、近所の人たちが声掛けをしたり、おかずを持って行ったりして、女性が元気を取り戻していくというストーリーだ。

 

~身近な劇を通して認知症の理解を深めるとても良い活動だと感じました。~