履歴書の書き方と面接のポイントをご紹介します

履歴書の書き方と面接のポイントをご紹介します。

 

写真.jpg

 

【履歴書】

企業の採用担当者の目に留まる履歴書を作成しましょう。

 

まず、「履歴書」はJIS規格かJIS規格様式のものを使いましょう。※JIS規格の履歴書とは国が定めた全国的に統一された履歴書のフォーマットです。

 

○年号は分かりやすく和暦の方が丁寧です。

○通勤時間はなるべく短めに記載します。

○資格欄:資格以外に、自分が出来る事も記載(wordexcelPowerPoint、イラストレーター)

※ポイント 現在勉強中のものも記載して下さい。自分が頑張っている姿勢をアピールできます。

○空欄を作らない:沢山埋まっている履歴書からはやる気を感じます。

○志望動機:1、なぜその仕事を志望したのか

2、なぜこの会社を選んだのか

3、自分がどの様にお役にたてるのか

○送る時には「送付状」を添える。きちんとした印象を与えます。

IT系、外資はパソコンで入力したものでも大丈夫

○外国人の方は学歴記載の際、日本では中学相当ですなど追加の説明を記載するといいでしょう。

○処罰、病歴は書かない:厚労省推奨のJIS規格の履歴書には「賞罰」欄はありません。

 

○「職務経歴書」:志望動機、職務経歴、自己PR3点を記載

        キャリアの要約も記載すると丁寧です。

○「お礼状」:ハガキでいいので面接したその日になるべく出して下さい。

 

【面接アドバイス】

○面接前の準備:履歴書などの書類のコピーを事前に取っておく、

問答集を作成、何度も練習、お礼状の準備

○一つ一つの質問に対する答えはなるべく1分以内、重要な内容は2分くらい

○自己紹介:1、志望動機(熱意・意欲が伝わる)

    2、職務経験(ビジネススキル)

    3、自己PR(人間力)

※エピソードを交えて自分のストーリーとして話すとより相手の印象に残ります。

 

☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

源に登録すれば、履歴書・職務経歴書の書き方サポートや無料添削サービスが受けられます。

詳しくはHPをご覧ください。

http://www.minamoto-hito.co.jp/